Our Daily News

Putting special characters in the title should have no adverse effect on the layout or functionality.
4月
3

おやすみ前はきちんと休息しましょう

女子力を作るのにたいせつなのはデジタル機器の使い方にもあるそうです。若い女性などはおやすみ前でもパソコンやスマホ使いしてるみたいですが考慮すべきなようです。
女性らしさをアップしつつ、熟年層になっても維持したいというなら食事などから整えて、睡眠時間も考えるのがベストなので。

デジタル機器をおやすみ前に使わないほうがいいというのは、熟睡するのにデジタルは好ましくないので。女子力高いという人なら、お休み前の1時間とか2時間前までには済ませておくのがよい美容への考え方ですね。身体を動かす作業ではありませんがデジタル機器使いをちゃんとすると、肌作りにポイントの22時~2時までのシンデレラタイム充実になるはずです。熟睡できたらお化粧のノリもいいですよね、質を上げるのがこのコンセプトです。

流行り物のファッションを気にする前にライフスタイルを整えましょう、朝食はきちんと食べているか、就寝時間が遅くなっていないかなどです。
おやつも美味しいですが甘味は多くならないにように、午前、午後と考えています。

3月
23

抜け毛がとても気になり一番の悩みです

髪の毛に関しての悩みは、最近抜け毛が多く感じられることです。
今の現状としては、抜け毛が多く髪の生え際もM字型の状態です。私どもはこれを額上がりと呼んでいます。
しかも、抜け毛が多いせいで髪のボリュームもかなりなくなってしまいました。

私は10代の頃、母から「お前は髪の毛が硬く太いので年を取ってもハゲることはないが若いうちから白髪が生えるだろう」といわれ安心していたのですが40代の半ば頃から抜け毛が気になってきました。20代の頃にも抜け毛はありましたが髪の毛のボリュームもありましたのでさほど気にはしていませんでした。

しかし、結婚をして子供が生まれた頃からでしょうか、なぜか自分の髪の毛が少し柔らかくなったように感じました。
10代の頃はとても硬い髪質だったのにとなんだか不思議な感じでした。

ちなみに、私の父も髪の毛が太くて硬かったのですが50歳を過ぎても硬く太いままでした。
よく考えてみると、父方の親戚には禿げている人は一人もいませんが、母方の親戚には禿げている人が何人かいますのでいくらか母方の血が出てきたのではないかと思っています。

私は、抜け毛対策として柳屋の育毛トニックを使い、シャンプーする時は必ずシャンプーブラシを使用しています。
結果的にはほんの少し抜け毛が減ったように感じられますが自分の気に入った結果にはなっていません。

しかし、育毛トニックは長く使い続ける必要がありますので根気強く続けることが大事ですが、どうしても抜け毛が気になるようならアートネーチャーなどでお試しの無料増毛体験をしてみたいと考えています。
私は、白髪に関しては全く気になりませんし悩みもしませんが、抜け毛に関してはとても気になり悩みます。
【参考育毛剤】イクオス

11月
8

美容は基礎から!

一番、気をつけていて重要視しているのはクレンジングと洗顔です。
せっかく化粧水乳液をつけても洗顔がしっかりと出来ていなければ意味がないと考えるからです。

クレンジングはジェルタイプとオイルタイプを2つ使っています。
ジェルは顔全体用でオイルはポイントメイクを落とす用です。

それぞれ優しく馴染ませながら落とし洗顔を行うのですが、ここで1つポイントがあります。
普通に洗顔すりと後から、つっぱりがちですが、いつも使っている洗顔料にドラッグストアなどで販売されているベビーオイルを1滴落としキメ細かに泡立てて、こちらもクレンジング同様優しく洗い上げます。

そうするとベビーオイルを使わないときと比べると一目瞭然!!
全く、つっぱらなくなりモチモチスベスベな肌に蘇ります。

私は、この方法にしてから乾燥がきにならなくなり毎日のメイクノリも良くなりました。

やはり美容に関して何かを気にしながら生活していると、お肌に出ますから日々の積み重ねって大切ですね。

10月
18

私のおすすめ「塩洗顔」

私が普段美容の為に行っている事の一つを紹介します。それは塩洗顔です。朝と晩に普通に洗顔した後に塩水でもう一度顔を軽く洗顔するのです。もしくは少量の塩を手にとって水を含め、とかしたものを肌に優しく塗りマッサージします。

塩は粒子の細かいパウダー状のものが良いでしょう。個人的には沖縄の塩をお勧めします。粒子が非常に細かいので肌を傷つけることなく使用する事ができます。

この塩洗顔を行い始めてから、何が変わったかというと、まず吹き出物が出なくなった事です。それでもたまに1つポツっとできたりはしますが、治るのも早いです。殺菌効果があるのかなと思っています。

また肌が引き締まったような感じになります。塩はミネラル分が豊富で肌には良い成分がたくさん詰まっています。塩の中にはフェイシャル用の塩なども販売されていますからそのような商品だと刺激も少なく使用できます。特に夏場はほっておくと汗とメイクでドロドロになります。そんな時塩洗顔は顔がすっきりさっぱりしてとてもお勧めです。

9月
22

とりあえずな美容に気をつける

美容に気をつけている事はありますか~?ってよく、サプリメント飲んでます、とか、この美容液使ってます、とかあるけど、私が個人的に気を付けていることは

 

  1. シャワーで、顔を洗わない
  2. 顔を擦って洗わない
  3. 手を洗ったら、エアータオルや自然乾燥をさせない
  4. 身体を洗うタオルを綿にする
  5. 日焼け予防をする

辺りかな~、ストレスをためないとか、便秘解消とか色々あるんだろうけど。
個人的に1番オススメは、1、2、3、ささやかで、始めやすい(笑)
どれも割とTVや情報で聞くと思うけど(^_^;)

 

シャワーで、顔を流すと水圧で、皮膚が下がると、たるみの原因になるから。
→洗面器にためて洗うだけ。

 

顔を擦って洗わないのは、皮膚は、厚みが2mmだから、擦って傷つけないため。
→パシャパシャ洗うようにする。

 

皮膚は、乾く時にお肌の潤いも一緒に出ていってしまうから、出来るだけ手を洗ったら早く水分を取るようにする
→ハンカチかハンドタオルで拭く。

女の人は、特に水仕事が多いのに、年齢は手でバレやすいしね。
些細な事だけど、始めやすいからお試しあれ~

8月
23

私の美容法

美容大好きです。
とてもめんどくさがりな性格なのですが、少しでもきれいになれればなと思って毎日いろいろなことを試しています。
最近は洗顔や洗顔後のケアに気を使っています。

まず朝の洗顔ですが、よく朝の洗顔はぬるま湯だけで石鹸は使わないほうがいいという情報を耳にしますよね。
朝の洗顔の理由としては寝ている間にかいた汗や、布団などから出た埃を洗い流すだけなのでそんなにしっかり洗い流さなくていいそうです。

でも私は朝起きた時の油っぽさがどうしても気になってしまって…
なので泡立てネットで石鹸をしっかり泡立てて鼻とおでこを中心に洗うようにしています。
頬などは洗いすぎるとカサカサしてしまうので。

夜の洗顔はメイク落としは落とし残しがないように入念にしています。
その後朝と同じようにしっかり泡立てた石鹸で優しく洗います。
この時手が顔に触れないくらい優しく泡を滑らせる感じに洗うといいと聞いたのでそーっと洗うようにしています。

お風呂から上がったらとりあえずスプレータイプの化粧水導入液を吹きかけています。
スプレータイプなのが楽で気に入っています。
着替えたりしてから化粧水を付けて、その後ですが最近は2種類の美容法を気分によってやっています!

1つめはシートマスク。
こちらはお風呂上りにやらなきゃいけないことがあるときに、貼っておくだけなのでとっても楽です。

2つめは氷で冷やす。
こちらはお風呂上りにテレビを見たい時に最適です。
氷を顔に当てて滑らせるようにするのです。

そうすることで毛穴が引き締まってくれる効果があるということで今の季節にピッタリです。
ぜひ皆さんも試してみてください。

8月
8

寝不足は大敵

高価な化粧品を使っても、美容液を奮発しても目立って効果が表れない。洗顔方法を変えてみたり、サプリメントを取ってみたり。色々と努力をしているのにお肌が答えてくれない。

そんなときは睡眠を見直してみてはいかがでしょう。私も美容方法を色々試すのが好きで、流行りものやら古典的な方法やらトライしてみるのですが、何をするにも睡眠がきちんと取れていないとお肌はみるみるダメになって行ってしまいます。だから、寝ることは一番美容のために気を付けていることです。

お肌は寝ている時に生まれ変わると言われていて、中途半端な睡眠では栄養不足、老廃物が溜まったままのどんよりとしたお肌で朝を迎えてしまいます。適切な時間に質のいい睡眠を十分にとることが、あらゆる美容法のベースになると思っています。ベースをしっかり作っておかないと、そのあとの化粧品などの効果もはっきりと実感できません。

十分な睡眠をとって、肌のコンディションをいつも一定に保つことによって、その他の要因がどう肌に影響するのかが分かってくるのです。そうすれば、自分の一番期待できる化粧品や美容方法を見つけることができると思いますよ。

7月
14

食べるもので美容効果

美容のために気をつけていることは、食生活です。
私は、甘いものが大好きなので、気をつけないといくらでも食べてしまいます。
でも私の場合、それはダイレクトに肌と体型にあらわれるのです。
吹き出物が出て、お腹がぽっこりになってしまいます。

なので甘いものは極力食べないようにして、毎日納豆を食べています。
納豆に含まれているイソフラボンは、美容効果に欠かせません。
もう何ヶ月も続けているので、お肌の調子が良いですし、髪にツヤが出てきました。

納豆は、買いだめして、たくさん冷凍庫に保存してあります。
それを冷蔵庫に入れて自然解凍し、翌日に自然解凍できた納豆を食べます。
この方法を始めてから、納豆を買い忘れて食べ逃すこともなくなったし、「解凍しているので、食べないと!」というもったいない感があって欲しくないときでも食べれます。

それから、野菜もスープにして摂取するようにしています。
たくさん量が取れるように、ミキサーにかけ、ポタージュ風で。
野菜もたくさん摂取するようになって、体がスッキリしてきました。

6月
11

若く見られる美容法

私は元々が童顔というのもあるのかもしれませんが、常に10歳くらい若く見られることが多いです。
昔から、年齢にあった洋服や髪型やメイクをするということはなく、自分が好んだ系統のルックスでいたいという気持ちが強く、それが若く見られる美容法の一つだと思っています。

おばさんが若づくりしたような恰好はおかしいですが、そうではなく違和感のない程度に好みのスタイルをキープするようにしています。
下品にならず、見た目と服装やヘアメイクのギャップが少ないようにという、それなりのセンスが必要だと思います。
自分の好みのスタイルにして、その姿を見て「よし!」と思えるというのが、内面的な美容法としてとても効果が高いと思います。

それだけではなく、基礎化粧品をシンプルにして、プチ肌断食をすることによって、肌への負担を減らし、自然なターンオーバーを促すことによって、健康的でくすみのない肌になりました。
なるべくすっぴんで過ごすというのも、私にとっては大切な美容法です。

5月
8

美容のためには、努力が必要なお年頃になりました

若い時はちょっとぐらい、食べ過ぎて、体重が増えても、何もしないで、2,3日で体重が元に戻りましたが、子持ち主婦となった今は、一日食べ過ぎて増えた体重を元に戻すのに、1ヶ月近くも努力しないといけないという状況になっています。

なので、普段から、太らないように、美容のために、夜8時以降は何も食べないということをしています。
どんなにおなかが空いても、日本茶や水、炭酸水などの水分だけを取るようにしています。

それから、朝食は、手作りグリーンスムージーで、ミネラルや、食物繊維を摂取して、美肌に栄養を送ります。
昼食は、普通に好きなものを普通量食べますが、ただ、1時間近くかけて、ゆっくりと食べるようにしています。
噛む事で、カロリー消費するためです。
夕飯時は、炭水化物を抜き、昼食の半分くらいの量に抑えます。

しかし、いくら美容に気をつけていても、友人関係は大切です。
友人と飲みに行ったりした日は、次の日の家事を一切放棄して、朝から、運動、半身浴などを繰り返し、体重が増えないように、デトックスするようにしています。