40代も半ばになると、やっぱり健康のために「ヘルシーな食事をすること」を相当意識するようになりましたね。
食生活が偏ってしまうと体を壊したりして、毎日の生活に支障が生じてしまいます。
そういう訳で、何より偏りなく食べること、その上でそこそこしっかり食べる、ということを心掛けています。

 

そして、こういう食生活をすると健康はもちろんのこと美容、また肌にとっても効果的です。
とくに肌に必要な栄養素はビタミンやミネラルだと考えられます。
ビタミンをしっかり摂取することで、肌のターンオーバーも上がって、ツヤツヤな肌が維持できると思います。

 

肌に良いと言われる有名なビタミンはやはりビタミンCですよね。
ビタミンCといえば美白効果の印象が強いけれど、それに加えて、お肌の張りや弾力に必要なコラーゲンの生成をうながす作用もあるようなのです!

 

またビタミンCを多く摂れるものは果物のイメージですが、実際はピーマンやゴーヤなどの野菜にもたくさん含まれているようです。
果物は少しカロリーが高くなってしまうので、私は普段はできるかぎりこのような野菜を食べてビタミンCを補給しています!

 

自分は皮膚がデリケートなので、なかなか合う化粧品がありません。
なかでも、化粧水は顔に塗布するとヒリついたり赤っぽくなってしまうことがよくあり、あと良いと言われている顔を洗う石鹸等もお肌に合わずに肌荒れしてしまったりします。

 

そればかりか、乾燥肌なので、特に冬場などは乾燥がひどくなってしまいます。
前に、お肌のきれいな親友にどういうケアをしているのか聞いたところ、起床時は人肌くらいの湯で顔をすすぐだけで、洗顔料は利用していないという話でした。

 

しかも、洗顔料を使わない方がスキンコンディションが良いのだそうです。
そんな訳で、自分も取りあえずって感じでやってみることにしました。
洗顔料を用いないと、「Tゾーン」などの脂っぽさが目立ってしまうのではないか、吹き出物が出来てしまうのでは、と心配でしたが、実行してみると、そのやり方は私にも合っていたようです。

 

冷たい水ではなく32℃くらいの水を使うことで、「Tゾーン」などの油分も程よく取り除けるし、なのに、洗顔石鹸で洗った時よりも肌の突っ張りが気にならないのです。
危惧していた吹き出ものも出ずに、今までよりも肌が荒れなくなってきました。

 

美容にもなるし、体の為にもなる事なのですが、ふくらはぎを鍛えるようにしています。
とは言いますが特別な筋トレをやっているわけではなく、脚を肩幅くらいに開いてたって、足を上げたり下げたりするだけの簡単な動作を繰り返しやるのですが、これがきちんと行うと筋肉痛になるほどふくらはぎに負荷を与えます。

 

若い頃から、脚だけは太くなりたくなくて、調べてみた結果この運動を見つけましたが、これをちゃんとやってみたら足が細くなる一方で、疲れにくくなりました。
昔はいかに軽くて疲れない靴を履いても、自宅につく頃には脚がだるくてたまらなかったのですが、これをやりだしたらかなり良くなりました。
今はテレビの番組を見ている時や、雑誌なんかを読むときに、この動作を繰り返し行いふくらはぎの筋肉を強化しているのです。

 

このトレーニングは、基本的には毎日するようにしています。
何日か間が空くと、次に行った際に脚がむくんでしまったり、筋肉痛になってしまうので、毎日行うように心がけています。
ほっそりとした足になりたい人は、効果がすぐに現れるのでぜひ試してみてほしいと思います。