Author Archives

Archive of the posts written by author : reis.
5月
21

スキンケアのこだわり

美容のために気をつけていることはスキンケアです。

 

クレンジングはこすらず撫でるように。

洗顔はたっぷりの泡で包み込むように。

洗い流す時の水の温度は「少し冷たいかな」と感じる程度にしています。

熱いと感じるお湯で洗うと、肌のツッパリや乾燥の原因になるので絶対にしません!

 

化粧水、乳液はケチケチしません。

手で直接なじませ、肌の奥まで浸透するようにやさしくハンドプレスします。

 

美容液は2種類を使い分けています。

乾燥が気になる時は保湿成分のものを。

紫外線が気になる時は美白成分のものをそれぞれ使っています。

化粧水と乳液は惜しまずたくさん使いたいので、プチプラのものを使うこともありますが

美容液は奮発して、お高めのものを使っています。(オススメはオバジのビタミンC美容液です!)

 

クリームは目じりやほうれい線が気になるところに重ね付け。

エアコンの効いた部屋に一日中いた日など、乾燥が気になる時だけ顔全体につけます。

週に2回はシートマスクでスペシャルケアをします。

 

肌の調子が良ければ化粧ノリも良く、朝から気分良く過ごせます。

美容のため、そして自分のためのスキンケア。

鏡に映った自分に見とれてしまうような肌を目指します。

5月
19

肌を乾燥させないための洗顔法

肌の乾燥が、シワなどの原因になるので、極力、肌を乾燥させないように気をつけています。

 

化粧水や乳液などの保湿ケアはもちろんですが、肌を乾燥させないためには、正しい洗顔法を行うようにしています。

洗顔の際にはぬるま湯を使うようにしています。

 

熱いお湯を使うと皮脂がしっかり取れてサッパリした感じになりますが、必要な皮脂まで取り過ぎてしまうため、肌が乾燥しやすくなるのだそうです。

ですので、必ずぬるま湯を使うようにしています。

 

また、洗顔に使用する際の洗顔剤も、固形石鹸を使うようにしています。

チューブに入ったクリーム状のものなどには、どうしても化学成分を多く使用して作られることが多いようです。

 

ですが、固形石鹸に含まれている成分はシンプルなものが多く、肌にもやさしいのだそうです。

洗顔の際には、その固形石鹸をしっかりと泡立てて、肌をこすらないように泡で顔を洗うようにしています。

 

タオルドライの際も、決してこすらず、タオルを押し当てるように水分を取り除いています。その後は、なるべく早く保湿ケアしています。
クリアエステヴェール 通販
参考URL:http://www.inthakitchen.com/

5月
14

スキンケアで差を感じるようになるのは30代後半から

私は10代の頃から思春期ニキビが出て、それがそのまま20代で大人ニキビになってしまい、30歳頃まで酷いニキビが続きました。

 

その為、スキンケアにはとても気を付けてきました。

洋服などは、セール品などで節約するようにしていますが、化粧品だけは、金額では選ばず、自分で合ったもの、そして肌の状態を良くするものを選んできました。

 

ユニクロのセール品の服を着ていても、1万円する美容液を使っています。

 

高いから良いというわけではなく、自分の肌に合ったものを選んだ結果、化粧品類にはそれなりのお金がかかるようになったという感じです。

化粧品でも、節約できる部分はしていますが、どうしても外せないものは、結婚後も使い続けています。

 

20代の時はニキビでボロボロだった私の肌ですが、スキンケアをずっと続けてきた結果が、今になってわかるようになりました。

20代の頃は肌がツヤツヤプルプルで、そのため特にスキンケアを気にしていなかった友達より、30代後半になった今、私の肌状態の方が良いのです。

 

若い頃は、その若さゆえ、特に手入れを気にしなくても肌状態は良い人が多いですが、年齢を重ねるごとに、スキンケアで肌の差が出てきます。

それがわかりやすくなる年齢が、30代後半だと思うのです。

 

私は若いころから肌の状態が良くなかったため、ずっとスキンケアを心がけてきました。

その努力は、無駄じゃなかったんだなぁと、最近になって実感しています。

4月
20

使い続けることの大切さ

スキンケアは色々試してみがちですが、ひとつのものを長く使い続けるのよ良い方法だと聞きます。最近それを実感することが多くなりました。

 

独身の頃はお金も自分のためだけに自由に使えていたので、新商品にすぐ手を出し、合わなかったらすぐ変えることを繰り返し、肌の状態が良くない時期がありました。試し過ぎて何が良くて何が悪かったのかわからないという経験をされた方も多いのではないでしょうか。

 

現在は主婦、育児中ですので、お金も時間も以前のようにはかけられませんが、同じものを使い続けている為か、以前のようなトラブルは起きなくなりました。

 

長くリピートしているもののひとつにピーリング剤が「ナチュラルアクアジェルCure」があります。週に1~2回程度で驚くほど肌が柔らかくなり、メイクのノリはもちろん、化粧水の浸透もよくなるように思います。使用感もさっぱりしており、コストパフォーマンスが良い商品でおすすめです。

4月
12

私が女性として考えている美容

私は美容に関してはなるべく年齢に負けたくないなと思います。もちろん年齢と共に衰えてくる部分はたくさんありますが、少しでも遅らせていきたいです。

 

美容はまず太らないこと、若い頃の体型出来るだけを保つことだと思います。若い頃より肉付きがかなり良くなると、周囲の人は美容に気を使っていないと見なすと思います。ヨガやウォーキングで下半身がたるまないよう努力しています。

 

お肌の状態を良くするには睡眠が大事だと考えています。睡眠時間の確保はもちろん、睡眠の質をあげるため寝具にはこだわっています。枕とマットは寝具店で販売員さんのアドバイスをもらって選びました。

そして早寝早起きが基本です。朝日を浴びるようにすると体に良い気がします。

 

食事は美容のため野菜中心です。サラダではなく温野菜を摂るようにして体を冷やさないよう気をつけています。温野菜は生野菜より量が食べられるのも良いです。

夕食は7時前までに終わらせるようにして以後は何も食べません。

 

これらをした上で、美容のためお肌のお手入れを頑張ります。お風呂でリラックスしてマッサージします。週2回はその間にパックをします。毛穴が開いて汚れが落ちる気がします。

女性として人生を楽しむために美容を頑張りたいです。

4月
12

気になる体臭の原因と対策

体臭やわきがなどを気にしている人は多いと思います。

そもそも体臭などの原因は汗と細菌によるものと言われています。
汗自体は臭いは無いのですが、その汗が細菌と混ざることで嫌な臭いを発生させます。
なので体臭が気になる場合にはまず身体を清潔に保つことが重要になります。

濡れタオルや市販の汗ふきシートなどを使って汗をかいたら小まめに拭き取ることで嫌な臭いを防止できます。
またお風呂に入る際にも汗をかきやすい脇などをしっかり洗って清潔にしておくことで汗をかいても臭いが発生しにくくなります。
さらに脇の場合はわき毛に細菌が付着しやすいためそれが原因になることもあります。

小まめなムダ毛処理はもちろんですが、脱毛などを行うとより効果的にわきが防止にもなります。
体臭がきつい人は遺伝の可能性もあるようですが、身体を常に清潔に保つことである程度は防げます。
なので日頃から小まめに気をつけておくことで体臭改善に繋がっていくのです。
ワキガ対策クリーム

4月
8

懐かしの下剤ダイエット

このごろお腹の調子がよくなくてネットでお通じについて検索していると、近頃「下剤ダイエット」が流行っている?みたいな記事が目に付いた。要は下剤をバンバン飲んで腸の中にある重たい不要物を出しちゃおう、ということらしい。「危険です」とコメントがたくさん寄せられていた。そう、本当に危険。経験者は語る。

大学生のころ、その「下剤ダイエット」に大はまりした。今に比べて体重は5kg以上少なかったのだから十分痩せ体形だったのに、友だちと自分を比べて痩せなきゃと焦っていた。運動があまり好きでないので毎日のジョギングなどには考えが及ばず、ただ飲んで出すだけというお手軽?な方法を自分で考え出したのだった。

毎回の食事の後に必ず下剤を飲む。初めてしばらくはスルリと排便できて体重も1kg、2kgと減っていた。が、段々減らなくなってくる。食べた量より多くは排便できないので当然の事なのだが、真っ只中にいる自分は焦って下剤を少しづつ増やしていく。それでも減り方は微々たるもの。下剤を飲み始めて半年位経った頃には、一回に飲む下剤の量は規定量の倍近くになっていた。

当然のことだが、その頃私の体はボロボロになっていた。めまいや貧血はもとより、生理が止まってしまった。味覚もおかしくなりぐっすり眠れなくなった。それでも体重の変動にしか関心がなかった私は自分が健康なつもりで、20歳の記念にと立ち寄った献血車で身体の危険な状態を指摘された。最初の簡単な検査がすんだところで、これは献血どころではない、あなたは病人だからすぐに病院に行きなさいと。そのあとのことはあまり覚えていないが、そこで私の下剤ダイエットは終わった。生理が来るようになるかがお医者様の一番の心配どころだった。実際ちゃんと来るまでに一年半以上かかってしまった。

みなさん、やみくもな下剤ダイエットは本当に危険ですよ。健康な体が一番大事。

3月
30

やりすぎないスキンケア

以前は、肌のためにとあれやこれやいろいろなスキンケアを試していました。

何種類もの美容液を使っていたので、使用する化粧品代も相当なものになり、また、お手入れの時間も非常にかかっていました。

 

ですが、ある時ふと、基本的なスキンケアのみのシンプルケアに切り替えてみようと思いました。

メイクは必ず落とす、しっかりと化粧水を肌に入れ込む、クリームで蓋をする。

 

基本はただそれだけです。

このシンプルケアにしてからのほうが、どちらかというと肌の調子がいいような気がします。

もちろん、肌状態によっては、美容液を使ったり、マッサージをしたりしますが、やはり基本に忠実なスキンケアでも、肌は十分、キレイになる力を持っているのではないでしょうか。

 

また、肌荒れをしてるときなど、気になって洗顔の際にゴシゴシこすったりしがちですが、肌にとにかく優しく、こすらず、触れるだけを心がけています。

ゴシゴシこすることで、逆に肌が黒ずんだり、必要な角質を落としてしまうことで、うるおいが逃げ乾燥しやすくなるという悪循環に陥りがちです。

ですから、肌はとにかく優しく触れてあげるようにしています。

 

血流をよくするため、マッサージをすることもありますが、たっぷりのクリームで優しく、なでるだけにしています。

スキンケアにおいては、なにごともやりすぎないことが一番の方法なのではないでしょうか。

3月
20

美容のために日頃からしている生活習慣

私が美容のために気を付けていることは3つあります。

 

まず1つ目は洗顔です。

毎日、朝と昼の2回行いますが、朝は冷たい水のみで洗顔料は付けずに洗います。

これをすることで、お肌の免疫力が高くなり、肌が荒れづらくなるという話を聞いて、実際にやっています。

夜の洗顔は、洗顔料をしっかり泡立てて洗います。

マッサージをするイメージで、指の腹を使って丁寧に洗います。

洗顔が終わると、しっかり保湿をして乾燥しないようにケアします。

 

2つ目は睡眠を十分にとるということです。

1日に7時間以上は寝るように心がけてます。

お風呂に浸かって、体が温かい状態の時に布団に入るようにしてます。

こうすることで、より熟睡出来ていると思います。

 

3つ目は食生活に気を配ることです。

以前までは、外食が多く、お酒をよく飲んでいましたが、今はその生活を見直して野菜中心にとるように心がけてます。

野菜だけではなく、ヨーグルトや納豆などの発酵商品、豆乳なども飲むようにしてます。

 

美容のために出来ることはたくさんありますが、忙しいとどうしても疎かになってしまいます。

小さいことからこれからも続けていこうと思います。

3月
17

すっぴんのキレイさは無敵

最近鏡を見て思うこと。
それは「肌が汚い!」。

子供が生まれてしばらくお手入れしない間にくすんできた気がします。
慌てて市販のパックを買ってきたけれど、それができるのも2週に1度程度。
このままじゃシワシワのお婆さんになってしまう…。

けれど最近出会ったママさんはお肌がキレイで羨ましいと思っていたら、
どうやらエステ関係のお仕事をされている様子。
誘われるがままにフェイシャルをしてもらい、本格的な器具を使って贅沢な気分になれました。
でも続けなければ意味がないそう。
毎回3000円の出費は痛いなぁ。
ちょっといいご褒美ランチが食べられる値段です。

肌の状態を良くするためには水分補給をしなければ。
パックだけじゃなくて日頃のお風呂上りが勝負となりそうです。
でも子供が小さいので、子供の身体を拭いてから自分の世話に取り掛かるので正直難しい…。

でもテレビで芸能人を見てても肌がキレイじゃない人っていますよね。
性格悪いけどそれにちょっと安心した気持ちになります。

厚塗りメイクをすれば肌はキレイに見えるんだろうけど、
それだと逆に肌に悪そうなので、なんとか素肌がキレイになるように頑張りたいな。
言ってしまえばどんな高級下地よりすっぴん肌のキレイさに勝るものはないと思うので。
子供たちには悪いけど今日から風呂上りに少しだけ時間を使おう。
【参考】トワエッセ 通販