Category Archives

Archive of posts published in the category: ダイエット
4月
8

懐かしの下剤ダイエット

このごろお腹の調子がよくなくてネットでお通じについて検索していると、近頃「下剤ダイエット」が流行っている?みたいな記事が目に付いた。要は下剤をバンバン飲んで腸の中にある重たい不要物を出しちゃおう、ということらしい。「危険です」とコメントがたくさん寄せられていた。そう、本当に危険。経験者は語る。

大学生のころ、その「下剤ダイエット」に大はまりした。今に比べて体重は5kg以上少なかったのだから十分痩せ体形だったのに、友だちと自分を比べて痩せなきゃと焦っていた。運動があまり好きでないので毎日のジョギングなどには考えが及ばず、ただ飲んで出すだけというお手軽?な方法を自分で考え出したのだった。

毎回の食事の後に必ず下剤を飲む。初めてしばらくはスルリと排便できて体重も1kg、2kgと減っていた。が、段々減らなくなってくる。食べた量より多くは排便できないので当然の事なのだが、真っ只中にいる自分は焦って下剤を少しづつ増やしていく。それでも減り方は微々たるもの。下剤を飲み始めて半年位経った頃には、一回に飲む下剤の量は規定量の倍近くになっていた。

当然のことだが、その頃私の体はボロボロになっていた。めまいや貧血はもとより、生理が止まってしまった。味覚もおかしくなりぐっすり眠れなくなった。それでも体重の変動にしか関心がなかった私は自分が健康なつもりで、20歳の記念にと立ち寄った献血車で身体の危険な状態を指摘された。最初の簡単な検査がすんだところで、これは献血どころではない、あなたは病人だからすぐに病院に行きなさいと。そのあとのことはあまり覚えていないが、そこで私の下剤ダイエットは終わった。生理が来るようになるかがお医者様の一番の心配どころだった。実際ちゃんと来るまでに一年半以上かかってしまった。

みなさん、やみくもな下剤ダイエットは本当に危険ですよ。健康な体が一番大事。

12月
10

自慢のくびれはどこへ…。

私はもともとウエストからヒップにかけてのライン。
お腹のくびれ。が自慢でした。

なぜなら私はダンスをずっとしていたし、暇があればヨガやウォーキングをしたり、食べ物などにも気をつけて、日々自分のスタイル維持、向上を目指していたからです。

そのため、お腹まわりのお肉に悩まされいる人はだからしがない。気にしないのかな?なんて思っていました。

しかし…!今となっては私がその一人となっているではありませんか!!

きっかけは妊娠と出産、さらにその後の生活でした。
妊娠中と産後すぐはお腹が出て当然だし、無理な運動もしないでいました。

しかし、産後から半年ほどたっても、授乳の体制やだっこなどの姿勢で私はみごとに猫背になっていました。
さらに、座り姿勢は産後の痛みを避ける為にしていた体操座りがくせになり骨盤は開きっぱなし。

ヨガやエクササイズをしなくちゃ、と思いながらも初めての育児で毎日くたくたで、本当に元気な時にするくらい。

日中は子供に合わせた外出ばかり…こんな毎日を繰り返しているうちに、見事に蓄えていたインナーマッスルはどこへやら…。

産後から一年半たった今。
私のお腹は見事なぽっこりさんとなりました。
やれやれ…。

11月
7

思い切って5キロ痩せたい

もし、私があと3キロ痩せるとしたら。3キロって微妙な数字ですよね。私は3キロ痩せるくらいなら、思い切って5キロ痩せたいと思います。
3キロだと見た目には分かりませんが、5キロ痩せれば、入らなくなっていたスカートが入るようになるような気がするからです。

では、その方法ですが、5キロなら、ウォーキング+食事制限で痩せられると思います。ウォーキングを選んだのは、私がただ単に運動嫌いの運動音痴だからですが、今まで自転車で行っていた距離を歩いていくと考えれば、なんとなく、できるような気がします。

次に、食事制限ですが、まず基本は、何と言っても間食をやめることです。私は、疲れるとついついチョコレートを食べてしまうクセがあります。それを防ぐために、まず家からチョコレートをなくすことから始めたいです。

それから、軽く食事を減らすのも必要だと思います。減らすのは、やはり炭水化物でしょうか。理想は、炭水化物を一日一食にすることです。やはり朝が一番エネルギーを必要としているので、食べるなら朝ですね。

以上、私が3キロ痩せるなら、思い切って5キロ痩せたい、という話でした。

10月
8

残業ダイエット!

あと3キロ痩せたいなら、1ヶ月残業をしてみたらどうでしょう。お仕事ダイエット、ですね。

私はダブルワークを始めて1月で4キロ痩せました!ダブルワークと言っても1日に10~11時間くらいですので、普通に8時間働いている人なら2時間の残業でOKです。
ただし、常に全力で働いてください。

よくテレビでは、夜遅く帰ってきてイッキに食べると血糖値が上がって太りやすくなるとか言われていますが、ハッキリ言って、全力で1日10時間働いていると、夜はもうくったくったで、食べる気力などなくなります。
睡眠時間を確保するために、食事時間を短くすると、1食はヨーグルトだけとか、野菜ジュースだけとかになるのも自然の成り行きです。ワーキングプアダイエットですね!

頑張って仕事をしていたら出世できるかもしれませんし、一石二鳥ですね。ただし、残業代を払ってくれない会社も存在するのでその時は趣味のスポーツでもしているつもりでサービス残業で頑張りましょう!
こうゆう時はアルバイトでよかったと思いますね。絶対に時給をもらえますから。

ただ、今登録している派遣会社はブラックっぽいので、あと3キロ痩せたら辞める予定です!
皆さんもブラックと寿命が縮むほどの過労にはご注意ください!

6月
6

おなか周りのお肉撃退方法

夏に向けてダイエットしたいと思っていますが、一番気になる箇所がおなか周りのお肉です。ウエストのくびれがなく寸胴体型を改善したいのでウエストシェイプエクササイズに励んでいるところです。

お風呂でもできるエクササイズが湯船に入りながらおなかに力をいれて息を吸いながら思いっきりおなかをふくらませ、息を吐きながらへこますという動作を5分ほど続ける方法です。はじめは簡単なんですが、次第にしんどくなるエクササイズでおなかの筋肉を使っているなと実感できます。おなか周りがポカポカしてくれので脂肪燃焼効果も期待できます。

日常生活でも気をつけていることは、姿勢を正しおなかをへこまして、おへそを立て長くするイメージを持つことです。おへそを背中のほうに引き入れる感じで気が付いた時にこの姿勢をとるようにしています。これはかなり効果ありです。姿勢も改善されるし、おなか周りが確実に薄く細くなったと感じています。頭のてっぺんが上へと引っ張られているイメージを持つことが大事です。ちょっとしたエクササイズと心構えで夏までにおなか周りのお肉を減らしたいです。